Twitterはこちら

ストレスの正体とは?今すぐ問題から解放されて楽になろう

Life
ストレスに悩む人
ストレスに悩む人

毎日のストレスがつらい…。ストレスがない生活がしたいけど、そんなの無理だよな。今すぐ楽になりたいんだけど、どうしたらいいんだろう。

今回はストレスから解放される方法をご紹介します。

ストレスの原因とは?

最近では、さまざまな体の不調の原因は「ストレスによるものだ」とよく言われますよね。

現代人が一日に触れる情報量は、平安時代の一生分。江戸時代の一年分もの量があると言われています。

この情報過多の時代に、僕たちは多くの情報に触れすぎていることで、常に意思決定が麻痺している状態に陥っているのです。

実はここに現代人がストレスに悩まされる原因があるのですが…

詳しく解説していきましょう。

問題を持ち続けていることがストレスの原因

人の脳は、何かに迷っている時間が一番つらいと感じてしまいます。

それが些細な問題だったとしても、結論が出ないうちは常に問題を抱えている状態となり、それがストレスの原因になってしまうのです。

例えば、あなたの目の前にコップ一杯の水があったとします。

このコップを手に持つという行為は、とても簡単な行為です。

しかし、その時間が長くなるとどうでしょう?

1分間そのコップを持ち続けることは何でもないことですが、それが1時間ではどうですか?

はたまたそれが1日、1週間、とコップを持ち続ける時間が長くなればなるほど、『つらい』と感じてしまいませんか?

このように、ストレスがつらいと感じてしまう原因は、問題を持ち続けている時間に比例するのです。

とても些細な問題であったとしても、自分の中に長く抱え込んでしまうことで大きなストレスとなり、ついにはその事以外なにも手につかない状態になってしまうのです。

まずはコップを置くことが大事

僕たちは日々生きている中で、多くの問題に直面します。

何か問題が起きた時に、その問題をストレスに変えてしまわないようにするためには、すぐに『コップを置く』ということを意識することが大切なのです。

「そんなこと言っても、すぐに解決できないこともあるでしょ?」

こう感じる方は、何か問題が起きた時に、次のことを意識してみてください。

コントロールできるかどうかを見極める

物事には常に、自分でコントロールできる領域とできない領域があります。

何か問題が起きた時にはすぐにこの境界線を見極めることで、自分にとってストレスになり得るかどうかの判断がつきやすくなります。

自分でコントロールできる部分は、素早く行動に移せばすぐにコップを置くことができます。

逆に、自分だけではどうしようもない部分はさっさと諦めます。

自分でコントロールできない部分のことをあれこれ考えても、結果は何も変わらないですよね?

もちろん自分でできる所まで精一杯努力することは大切です。

自分でコントロールできる部分に対して『自分はきちんとやり切った』と言える状態までもっていくことが出来れば、後は手放してしまって構いません。

僕たちが真に考えなければいけないことは【コントロールできる部分とできない部分の境界線を見極める】という行為なのです。

まとめ

普段なにげなく見ているSNSからでも、人の脳は様々な情報を得て処理し続けています。

多くの情報に触れることを制御するのは難しいことですが、

  • その情報は自分にとって本当に必要なのか?
  • 問題が起きたら、自分でコントロールできる領域はどこなのか?

この2点を意識して、自分に必要ない情報をスパッと切り捨てる行為がとても大事になってきます。

あなたの周りで『あの人はストレスとか無さそうで羨ましいなぁ…』と感じる人は、自然とこの行動ができているのかもしれませんね。

みなさんもぜひ参考にしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました