Twitterはこちら

【悲報】努力は報われない?ただ頑張るだけでは何も変わりません【目標設定の方法/解説あり】

Life

「頑張っているのに、思うような成果が出ない…」

「こんなに頑張ってるのに、なんで自分は認められないんだろう…」

今回は、努力に関するお話です。

ほとんどの方が勘違いしている部分なので、ぶっちゃけとても重要です。

【悲報】努力は報われません。

当然ながら、「ただ努力するだけ」では成功できません。

大事なのは、以下のことをきちんと意識できているかどうかです。

  • 目標設定
  • 努力する環境作り
  • 検証と改善

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

目標設定を行う

目標設定には、とても大事なポイントがあります。

それは、計測可能にすること。

具体例を挙げてみていきましょう。

例えば、あなたの夢が “海外旅行に行くこと” だとします。

「いつか海外行きたいなぁ~」

こう考えながら日々を過ごしていますが、いつまで経っても一向に行ける気配はありません。

なぜ行けないのでしょうか?

これは、目標が漠然としているからです。

目標設定はなるべく具体的に!
では、より具体的にしていきましょう。
まず「海外旅行」に行きたいあなたが決めるべき事は、
  • どこの国に行くのか?(都市や泊まるホテルも決める)
  • いつ行くのか?(〇月〇日から〇日間行く)
  • どうやって行くのか?(交通手段を調べる)

まずは上記に挙げたように「目的地までの道のり」をハッキリさせます。

この3つの項目がハッキリすると、見えてくるものがあります。

それは、

  1. 必要な金額と時間
  2. それをいつまでに確保しなければいけないのか

です。

例えば、すべての旅費(お土産代など)を含めて20万円が必要だったとしましょう。

そして、行きたい時期が来年の9月頃だったとしましょう。

そうすると、逆算して今月からいくらずつ貯めていけば20万円に届くのか?
いつまでに休みを確保しておかなければいけないのか?

このように、「行動」すべき事がハッキリと見えてきます。

そしてこれは全て数字として表せるものなので、目的達成までの道のりをしっかりと歩いているのかどうかがハッキリわかります。

どうでしょう、これなら海外旅行に行けるような気がしませんか?

もちろん旅行のことだけではなく、「もっと痩せたい」「もっとお金を稼ぎたい」など、漠然とした夢には全てに当てはまる方法になっています。

しかし、ただ目標設定ができただけで満足してはいけません。

大切なのは次のステップです。

努力する環境作り

目標設定という作業は実はとても楽しいものなのですが、その目標に向かって実際に努力できるかどうかはまた別の話です。

断言しますが、人は誰でもサボってしまう生き物です。

やれない理由やサボる理由というのは無限に存在します。

大事なのは、努力する環境を無理やりにでも作ることです。

手っ取り早いのは、人に宣言してしまうことです。

例えば Instagram や Twitter などに、これから自分が努力することを宣言し、みんなに見てもらうことです。

海外旅行の例で言えば、貯金箱にお金を入れていくところを写真で投稿するなどして「ごまかせない状況」を作ってしまうといいですね。

大多数の人が、自分ひとりではどうしても楽をしてしまいがちなので、友人や SNS を使って周りの人に見張ってもらうのがいいでしょう。

僕もこのブログを始めるにあたり、周りの友人に宣言して、更新を怠らないよう努力する環境を無理矢理作っています(笑)

検証と改善

海外旅行の例では「お金」と「時間」がきちんと確保できれば夢を達成できる可能性が非常に高くなりますが、なかにはそうでない夢もあります。

「痩せたい!」や「稼ぎたい!」といった、やり方が多く存在するものです。

このような目標に関しては、努力の量を毎日計測し、長くても1ヶ月間隔で振り返りを行うことをおすすめします。

例えばダイエットには星の数ほどの「やり方」が存在しますし、どの方法があなたに合っているのかはやってみないと分かりません。

この内容に関しては、こちらの記事も参考にしてください。

たとえすぐにはうまく行かなかったとしても、大事なのは原因がハッキリと計測できているかどうかです。

これまでの道のりが検証できるようなデータがとれていれば、良かった所・悪かった所などを見つめ、改善し、確実に次に繋げることができるのです。

何度も言いますが、大切なことは、ただ漠然とイメージしているだけではなく、計測可能な目標設定がきちんとできているか、です。

「なんとなく努力をしているつもりだった」という方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました