Twitterはこちら

たったそれだけ?目標を達成するために意識すべきこと【結論:周りの環境です】

Life
  • 毎年「今年こそは!」と思って目標を立てるけど、達成できたためしが無い。
  • 継続して努力できない自分はダメだ…と落ち込んでしまう。
  • 自分で決めた目標をきちんと達成できる自分になりたい。

目標をきちんと決めて実際に達成できる人は、100人中3人の割合しか存在しないと言われています。

大多数である97人に入ってしまっているあなたは、「普通の人」となるわけですが、そんなの悔しいですよね。

今回の記事を読むと、どんなに意思が弱い人でも確実に目標を達成するための方法が分かります。

結論から言うと、大事なのは【周りの環境】です。

では、詳しく解説していきましょう。

質問:あなたの目標は何ですか?

目標は人それぞれで、実に様々なものがあります。

  • 夏までに5kgやせたい。
  • 資格を取りたい。
  • 収入をアップさせたい。

人は、今よりもより良い人生を生きたいと思うものなので、誰にでも「もっとこうだったらな…」と思うことがあると思います。

目標の立て方にもいろんなやり方があるのですが、一番大切なことは、

本当に心から達成したいと思える目標かどうか、です。

人に「やらされている」目標だったり、本当は達成しなくてもいいやと思っている目標は、やる気も起きず挫折してしまう確率が高くなります。

挫折してしまうと「やっぱり自分はダメだな…」と考えてしまい、『目標を達成する』という行為がとても難しいものに感じてしまうのです。

そもそも目標の見つけ方が分からない…という方はこちらの記事が参考になるかもしれません。

結婚式前の女性のダイエット成功率は9割

ある調査結果では、結婚式を経験した20代~50代の女性6,000人のうち約9割が「結婚式前のダイエットで成果が出た」という回答結果が得られたそうです。

これは、自分の結婚式という晴れの舞台で、「1番キレイな姿でドレスを着たい!」という強い意志が目標を達成させたのだと考えられます。

普段の生活でそこまでの意思は持てない…

そう感じたあなたにも、誰にでもできる目標達成のコツをご紹介いたします。

達成するしかない環境を作る

意識すべきポイントはたった1つ。

それは、「目標を達成するしかない環境を作る」ということです。

そもそも目標を達成できない大きな原因として、逃げ道が存在するという状況にいることが問題なのです。

例えば、みなさんボーリングをしたことがあるでしょうか?

「絶対にガターせずにボールをピンに当てる!」

という目標を立てた時に、確実にその目標を達成したいならば、子供用によく使用されるガターガード(バンパーレーン)を使えば、絶対にピンにボールが当たる状況を作り出すことができます。

この例を出すと、それはちょっとズルいんじゃないか?と思う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、最も重要なことは、「目標を達成すること」です。

結婚式前の花嫁は、どんな手を使ってでも痩せたいと思うはずですし、思いつく限りの方法を試すはずです。

そしてそれがどんなやり方だったとしても、結果的に結婚式までに痩せていれば幸せな結果を手にすることができます。

なにがなんでも目標を達成したい!

こう思える目標があるのならば、まずは「目標を達成するしかない環境」を作り出しましょう。

達成するしかない環境の作り方

達成するしかない環境とは、自分にガターガードを取り付けて、「達成できない状況」を無くしてしまうこと。

もっとも効果的なのは、「周りの人に宣言すること」です。

家族や親しい友人に宣言して、毎日成果を公開したり、SNSで報告をしたり。

この行動をとることで、「サボれない状況」を意図的に作り出すことができます。

この手法は「パブリック・コミットメント」と呼ばれ、実際に多くの人が目標達成を成功させています。

そして1度目標を達成することができると、自分の中に「達成できた!」という成功体験が生まれ、新たな目標に挑戦することのハードルが低くなっていきます。

1人で達成することはとても難しい

難しいというより、「効率が悪い」ですね。

目標達成のためには、周りの環境を利用する方が効率的です。

冒頭にも書いたように、自分1人の力で目標を達成できる人は100人中3人の割合しかいません。

自分1人でやろうとして達成できなかったのが、これまでの「普通」の人生。

そこから抜け出したい!と思う目標があなたの中にあるのならば、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

あなたの挑戦を応援しています!!!

タイトルとURLをコピーしました