Twitterはこちら

すべての悩みは、対人関係にある。【アドラーに学ぶ『今日から』幸せに生きるコツ】

Life

今回は、僕の大好きな本をご紹介します。

嫌われる勇気
自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎/古賀 史健:著

日本で200万部/世界で440万部以上の売り上げを誇る本書。

タイトルだけ見ると

  • 他人を気にせず自分に正直に生きろって話でしょ?
  • 嫌われても気にするなって?そういうの今更もういいよ。

と思う方も多いのではないでしょうか。僕も読む前はそう思っていました。

そもそもタイトルに ~「アドラー」の教え~ と記されていますが、アドラーとは一体誰なのでしょう?

アドラーとは、心理学三大巨頭の一人と呼ばれ、フロイト、ユングに並ぶ心理学者です。日本では無名に近い存在ですが、欧米での人気は抜群で、多くの自己啓発書の源流ともなっています。

さらに世界で440万部も売れていることから、僕はてっきり海外の本だとばかり思っていたのですが、著者はなんと日本人。

日本人の出した書籍が世界でこれだけ売れているという事実も物凄いことなのですが、本書では「アドラーの心理学」を基にした考え方が、実は「今の時代を生きる現代人を幸福にするための考え方なんだよ」ということが、とても面白い切り口で描かれています。

最初に読んだときは軽い気持ちで読み始めたのですが、その面白さに感動し、一気に読み終えてしまったことを今でも覚えています。

あの“ホリエモン”こと堀江貴文さんも、そのアドラー思想に共鳴し、「自分の考えそのもの」と絶賛するほど。

では、この本には何が書かれているのか?

僕なりのおすすめポイントを例に挙げながらご紹介しましょう。

すべての悩みは、対人関係にある。

本書では、心理学的な考え方や専門用語がつらつらと書かれているわけではなく、『哲人(哲学者)』と『青年』という二人の対話形式で物語が描かれています。

人は今日からでも幸せになれる、とする『哲人』と、それに食って掛かる『青年』。

悩み多き現代人の代表ともいえるこの『青年』ですが、そのやり取りの中で僕が特に印象深かった言葉のひとつがこちらです。

哲人
哲人

何度でも繰り返しましょう。

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」。これはアドラー心理学の根底に流れる概念です。もし、この世界から対人関係がなくなってしまえば、それこそ宇宙のなかにただひとりで、他者がいなくなってしまえば、あらゆる悩みも消え去ってしまうでしょう。

これに対して青年は、『嘘だ!そんなものは学者の詭弁にすぎません!』と反論します。

みなさんはどう感じましたか?

確かに現代社会を生きる中で「この世界から対人関係がなくなる」なんてことはあり得ませんし、極論とも言えますね。

しかし哲人は『もちろん、対人関係をけしてしまうことなどできません。』とした上で、次のように述べます。

哲人
哲人

個人だけで完結する悩み、いわゆる内面の悩みなどというものは存在しません。どんな種類の悩みであれ、そこには必ず他者の影が介在しています。

この哲人のことばに対しても、青年は激怒します。

青年
青年

先生、それでもあなたは哲学者ですか!

人間には、対人関係なんかよりもっと高尚で、もっと大きな悩みが存在します!幸福とはなにか、自由とはなにか、そして人生の意味とはなにか。これらはまさに古代ギリシア以来、哲学者たちが問い続けてきたテーマではありませんか!

それが何ですって?対人関係がすべてだと!?なんと俗っぽい答えでしょう、哲学者が聞いて呆れますよ!

青年、激おこです。

これに対して哲人は、『なるほど、ではもう少し具体的に説明する必要がありそうですね。』と、話をさらに深く進めていくのですが…

これ以上はネタバレというか、著作権的にすべてを紹介していいのか微妙なところですので、答えが気になる方はぜひとも本を手に取って読んでみてください。

僕自身、この本は何度も読み返していますし、自分が読む時期によっても新たな発見ができる、正にバイブルのような本になっています。

以前書いた記事で、

1冊の本に書かれている内容の中で、本当に必要な情報は全体の10%程度しかない。

ということをご紹介しましたが、この本の本質を見極められると、自分にとっての幸福とは何なのかを考え直すとてもいいきっかけになります。

「嫌われる勇気」もくじ紹介

最後に、この本のもくじをご紹介して終わりたいと思います。

もくじを眺めてみて、少しでも気になる言葉があれば、ぜひ一度この本を読んでみることをおすすめします。

目次

第1夜 トラウマを否定せよ

知られざる「第3の巨頭」

なぜ「人は変われる」なのか

トラウマは、存在しない

人は怒りを捏造する

過去に支配されない生き方

ソクラテスとアドラー

あなたは「このまま」でいいのか

あなたの不幸は、あなた自身が「選んだ」もの

人は常に「変わらない」という決心をしている

あなたの人生は「いま、ここ」で決まる

第2夜 すべての悩みは対人関係

なぜ自分のことが嫌いなのか

すべての悩みは「対人関係の悩み」である

劣等感は、主観的な思い込み

言い訳としての劣等コンプレックス

自慢する人は、劣等感を感じている

人生は他者との競争ではない

「お前の顔を気にしているのはお前だけ」

権力争いから復讐へ

非を認めることは「負け」じゃない

直面する「人生のタスク」をどう乗り越えるか

赤い糸と頑強な鎖

「人生の噓」から目を逸らすな

所有の心理学から使用の心理学へ

第3夜 他者の課題を切り捨てる

承認欲求を否定する

「あの人」の期待を満たすために生きてはいけない

「課題の分離」とはなにか

他者の課題を切り捨てよ

対人関係の悩みを一気に解消する方法

「ゴルディオスの結び目」を断て

承認欲求は不自由を強いる

ほんとうの自由とはなにか

対人関係のカードは、「わたし」が握っている

第4夜 世界の中心はどこにあるか

個人心理学と全体論

対人関係のゴールは「共同体感覚」

なぜ「わたし」にしか関心がないのか

あなたは世界の中心ではない

より大きな共同体の声を聴け

タイトルとURLをコピーしました