Twitterはこちら

【読書が苦手な人必見】本を読んだ方がいい本当の理由

Life
  • 「読書は大切だと思っているけど、読み始めても続かない。」
  • 「読書する時間なんてない…。」
  • 「本が読めるようになるためにはどうしたらいいの?」

今回は、読書が苦手な方必見の記事です。

なぜあなたは読書ができないのか?

なぜ人生において読書が必要なのか?

こちらを解説していきたいと思います。

読書って必要なの?

私たちは小さい頃学校や親から「本を読みなさい」言われて育ってきました。

「読書って大切なんだろうな…」何となく感じている方も多いとは思いますが、では、本を読むことのメリットは一体何なのでしょうか?

ここでひとつ、面白いデータをご紹介します。

読書量は年収に比例する

〇本にかけるお金(月額)(日経新聞2009年)

年収800万円以上 年収400~800万円 年収400万円未満
2,910円 2,577円 1,914円

〇富裕層と年収300万円以下の層との比較(Business Management Degree)

富裕層 年収300万以下
1日30分以上ビジネス書などを読む 88% 2%
読書家である 86% 26%
移動時間にオーディオブックを聞く 63% 5%

上記のデータからも明らかなように、世の中の富裕層と言われる人々は、読書に対して時間とお金をきちんと割いていることがわかります。

「お金持ちだから読書するヒマもあるんじゃないの?」

こう感じる方もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。

例えば、多忙にもかかわらずビル・ゲイツは年間50冊の本を読み、マーク・ザッカーバーグは2週間に1冊本を読むと宣言しています。

彼らは、読書から得られる恩恵をしっかりと感じているからこそ、多忙な毎日の中でもしっかりと時間を確保し続けているのです。

では、読書をすることのメリットは一体何なのでしょうか?

読書が必要な本当の理由

読書をすることのメリットはたくさんあります。

  • 知識が増える
  • 語彙力が高まる
  • コミュニケーション能力が向上する

などなど。

しかし、本当に読書が必要な理由はひとつです。

読書をすると、物事の本質を見抜く力がつく。

一体どうゆうことなのか?そして、この力は人生にどう役立つのか?

分かりやすく解説していきましょう。

皆さんはこんな言葉を聞いたことがありますか?

1冊の本に書かれている内容の中で、本当に必要な情報は全体の10%程度しかない。

子供の頃に読書感想文や国語の問題で、読んだ文章をまとめるという作業をしたことがあると思います。

読書をする本当の理由は、正にここにあります。

例えば映画を1本観終わった後、「どういう話だったの?」と誰かから聞かれた時に、初めから終わりまでを細かく説明する人はいないと思います。

  • あの映画では何が言いたかったのか?
  • 見どころはどこなのか?

人に説明する時は、こういった部分を要約して伝えますよね?

これこそが、物事の本質を見抜く力なのです。

本を読むという行為は、1冊の本の中に10%ほど隠されている本質を見抜くということ。

ここで抜き取った情報があなたの知識となり、あなたを成長させるのです。

そして、読書によって「本質を見抜く」という力をつける訓練をすると、実生活でも自然とその行動ができるようになってきます。

  • ネットで情報が溢れかえる世の中で、どの情報が本当に必要な情報なのか?
  • 目の前で話している相手は、本当は何が言いたいのか?

こういった部分を捉えられるようになることで、自然と自分の能力を高めていけるということがイメージできたでしょうか。

読書は、物事の本質を見抜く訓練をする作業でもあり、同時に、新たな知識を得られる貴重な時間となります。

世の中で成功者と呼ばれる人たちは、読書という「訓練」を日々行っているからこそ、一般人とは違う結果を出し続けれるとも言えますね。

挫折しない読書法

とはいえ、「読書をしようとすると、どうしても挫折してしまう…」という方も多いと思います。

挫折してしまう人の特徴は、自分で勝手に「読書」という行為のハードルを上げてしまっていることです。

本は、全部読む必要はありませんし、1冊読み終えないと次の本に行ってはいけない、なんて決まりもありません。

もっと気楽な気持ちで読み始めることが大切です。

持っている本を手に取り、気軽に目次を眺めてみよう。

読書をしようとして挫折してしまった経験がある人は、おそらくまだ読み終えてない本が家に何冊もあるかと思います。

「おもしろそうだな」と思って買ったけど、全然読まないまま本棚に並んでいる…。

そんな方は、ぜひ何冊かを手元に置き、まずは目次だけでも読んでみてください。

目次というのはその本の大事なポイントの要約でもあり、そこを読むだけでも話の流れがある程度わかるようになっています。

もし目次を眺めていて気になる項目があれば、その章だけでもちょっと読んでみる。

そこで「つまらない」と感じたら、すぐに本を閉じて次の本を読む。

前述したように、1冊の本の中で本当に重要な情報は全体の10%程度しかありません。

その10%を見抜く力をつける事こそが、本を読むという行為の最大の目的なのです。

宝探しのような気持ちで取り組んで、気軽に本を開けるようになれば、自然と習慣化していくことができます。

まとめ

では改めて「本を読む」という行動において大事なポイントをおさらいしましょう。

  • 読書量は年収に比例する。
  • 成功者は読書をすることで「物事の本質を見抜く力」を鍛錬している。
  • 気になる本はまず目次に目を通し、10%程しかない最重要な情報を見つけてみる。

単純に読書をすることで年収が上がるとするならば、試してみない手はないですね。

読書に苦手意識があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました