Twitterはこちら

ブログネタに困ることなく毎日文章をスラスラ書き続けるコツ

Blog
  • ブログを書きたいけど、文章力に自信がない…
  • そもそも毎日書けるネタなんて思いつかない…

今回はこういったお悩みにお答えします。

文章力に自信がない

『自分には文章力がないから…』とブログを諦めてしまう人も多いですが、そもそも苦手意識があるのは当たり前のことです。

僕たちは、学校で「文章の書き方」を教わりません。

もっと言えば、「ブログで稼げる文章の書き方」も学校では教えてくれません。

ということは、世の中のほとんどの人が文章の書き方をちゃんと分かっていないということになります。

分からないことで不安になるのは当たり前です。

では、ここで考え方を変えてみましょう。

世の中のほとんどの人が文章の書き方を分かっていないのであれば、あなたが少しでも勉強すれば、その他大勢の人よりも一歩抜き出ることができるのです。

『そんな単純な話なわけがない…』と思いますか?

しかし大半の人はこの文章を読んでも、文章力(ライティング)に関する本を読んだりすることは一生ないでしょう。

だからこそ、実際に学んで行動した人だけが行ける世界があるのです。

文章を書く前にきちんと設計する

そもそも何を書くか決まっていない状態では文章なんて書けません。

書き出せば文章が湯水のように湧いてくる、なんてのは一部の天才作家くらいのものです。

ここでは僕が普段意識している文章設計法を公開します。

記事を書く前の文章設計

文章を書く前には、箇条書きのメモ程度にでも以下のことを決めてから書き始めます。

  1. 問題提起:読者が抱えている悩みや問題を明確にする。
  2. 結果の明示:あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える。
  3. 結果の根拠:2で示した結果が出る根拠を伝える。

これはブログだけでなく普段の仕事で資料を作る時にも使えるフォーマットですね。

文章を書けるとメリットも多いので、普段何も意識していなかったという方はぜひ参考にしてみてください。

型に従って反復練習

上記3つのポイントを型にして、とにかく文章を書きまくります。

文章がスラスラ書けるようになるには、結局は反復練習しかありません。

何か裏ワザ的なものを期待する人もいるかもしれませんが、経験に勝るものはなし、です。

自分で文章を書きつつ、関連書籍などでテクニックを学ぶのもいいでしょう。

おすすめの本をいくつかご紹介します。

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書) | 古賀 史健 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで古賀 史健の20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。古賀 史健作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

毎日書くネタに困らない方法

ブログのテーマに沿って記事を書こうとしても、ネタが思いつかないということもあると思います。

ブログのテーマの決め方がわからない方はこちらの記事が参考になります。

先ほど記事の文章設計の話でも少し触れましたが、文章を書くときに1番最初に考えるのは『問題提起:読者が抱えている悩みや問題を明確にする』の部分です。

あなたが書くブログは『誰かの悩みを解決するもの』でなければなりません。

みんながどんなことで悩んでいるのか?

これを調べる素晴らしいツールがあります。

サジェストキーワード一括取得ツール

サジェストキーワード一括取得ツール
サジェストキーワードや予測変換されるキーワードを各サイトから抽出し一括表示する無料のサジェスト取得ツールです

こちらのツールは、調べたいキーワードに対してのサジェストキーワードを調べてくれるツールです。

サジェストキーワードとは、検索窓にキーワードを入れたときに表示される「候補キーワード」のことです。例えば『ダイエット』で検索した時に、『ダイエット 簡単』など、スペースを空けて検索されるようなキーワードのこと。

サジェストキーワードを知ることにより、世の中の人がどんなことで検索しているのかが分かりますので、あとはそのキーワード毎にひとつずつ記事を書いていくだけです。

サジェストキーワード全ての記事を書き終える頃には、あなたのブログはそのキーワードに特化したオリジナルの大規模サイトに成長していることでしょう。

まとめ

今回は、自分の文章力に不安がある方や、ブログのネタの見つけ方について書いてきました。

ブログというものは、自分ひとりで家でできる最もシンプルな資産構築だと思っています。

もちろん構築する上では試行錯誤も必要ですが、興味がある方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました